南九州rTMS研究会 第1回講演会

投稿日時: 2016年12月09日

南九州rTMS研究会 第1回講演会の様子を紹介します。

下記の要領で開催いたしました。

---------------------------------------------------------------------------------------
タイトル:磁気刺激の基礎と治療応用
講  師:福島県立医科大学 医学部 神経内科学講座
               宇川 義一 先生
主  催:南九州rTMS研究会
共  催:八反丸リハビリテーション病院
               中江病院
               厚地リハビリテーション病院
               厚地脳神経外科病院
日  時:平成28年12月09日(金) 19:00〜20:30
場  所:厚地脳神経外科病院 7F 多目的ホール
参加対象:地域の医療従事者のみなさま
---------------------------------------------------------------------------------------

こちらは当日の講演の模様です。

南九州rTMS研究会事務局
厚地リハビリテーション病院 作業療法士
佐多裕次郎氏の司会進行

 


開会の挨拶
医療法人慈圭会 八反丸リハビリテーション病院
理事長 八反丸健二先生
 


座長
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科
脳神経外科学教室 准教授 時村 洋 先生
 


講師
福島県立医科大学 医学部 神経内科学講座
教授 宇川 義一 先生

 


講演の様子


講演内容についての質疑応答の様子


閉会の挨拶
南九州rTMS研究会 代表世話人
医療法人慈風会
理事長 厚地 正道 先生



今回初めての南九州rTMS研究会の開催となりました。
県内各地の医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師など
多くの医療関係者が聴講しました。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。