院内感染対策委員会定例研修会開催

投稿日時: 2018年06月22日

鹿児島は、梅雨による雨が降り、晴れたと思えば桜島の噴火による灰が降っています・・・(^-^;)

 

6月21日、院内感染対策委員会による定例研修会が開催されました。

 

院内感染に関する研修会は、年に2回必ず実施するよう義務づけられています。

 

感染対策委員会の委員長を務めている副院長の中川Drの挨拶で講義が開始となりました。

 

今年度第1回目の講師は、当院の非常勤医師でもある今給黎総合病院 呼吸器内科の岩川 純Drに務めていただきました。

岩川Drは院内感染対策に関する専門知識をお持ちであり、当院のICT:インフェクションコントロールチーム(感染対策チーム)で中心的な役割を担っておられ、毎週実施する院内ラウンドを通じて、当院の感染予防にご尽力いただいています。

 

今回の研修テーマは「経路別の感染防御」に関して以下の内容を役職者を対象に実施しました。

1.感染とは

2.感染経路別予防策

 ・空気予防策

 ・飛沫予防策

 ・接触予防策

3.まとめ

 

本研修はビデオで録画し、一般職員も後日全員受講します。

 

 

 

 

参加した役職者は熱心にメモを取りながら講義に聞き入っていました。

 

感染防御で重要な事は、標準予防策(スタンダードプレコーション)を基本とした、感染経路別・患者さんの症状や接触状態に応じた対策を行う事です。

 

患者さんは言わずもがな、自分自身を病原体から守る為にも感染防御は非常に重要な役割を担っています。

 

最後に、院長の長野Drより挨拶と、講師を務めていただいた岩川Drへ全員でお礼を述べ、講義は終了となりました。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。