第6回 院内健康教室開催

投稿日時: 2018年11月12日

健康とは、身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。(世界保健機関憲章より)

 

ご自身の健康について考えた事のない方はほとんどいらっしゃらないと思います。

 

当院では、毎年1回、地域の方々を対象とした院内健康教室を開催しており、数多くの参加者に来院していただき、今年で6回目を迎える事ができました。

 

今年も続々と参加希望者が来院されました!足をお運びいただきありがとうございます!

 

長野院長の挨拶で講話が始まります。

今年のテーマは「リハビリと栄養」で、講師は中野 完Drです!

参加者の皆様は興味津々で講話に聞き入っておられました。

 

講話終了後は、トータルコンディショニングや機器体験、骨折危険度測定や相談コーナー等々、興味のあるブースへ移動していただきます。

 

以下は各ブースの様子です。

 

 

 

 

こちらは「ドライブシュミレーター」体験の様子です。日常的に車の運転をされる患者様の運転復帰へ向けた訓練に使用します。運転に必要な判断力や感覚の評価等に有効です。

 

こちらはIn Bodyですね!

 

トータルコンディショニングも好評です!

 

 

 

 

長野院長も参加者からの質疑応答に対応されました!

 

 

終了時間間際まで各ブースは賑わいました!

 

多くの笑顔を見せてくださった参加者の皆様もご帰宅され、最後に恒例の記念撮影!

 

今年も「地域の嬉しい・良かった」を増やす事が出来たのではないでしょうか!?

 

今後も地域の皆様にこのような機会を提供していきます!

 

 

◆Another健康教室

参加者の皆様がご帰宅された後、当院職員も自身の健康度をチェックしました!

 

・ご自分の測定結果を真剣に語り合う3人組。

 

・車椅子ボードトレーナーで目と上肢の連動性、動作の俊敏性を披露する門田事務員。

 

・介護機器を体験し、患者様の気持ちを知ろうとする炭之原Ns。

 

・職員にも人気なトータルコンディショニング。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。