院外健康教室 in たてばば福祉館

投稿日時: 2018年12月13日

NHKの「みんなで筋肉体操」が話題を呼んでいる今日この頃、みなさん筋トレしてますか?

 

筋トレ後は、流行語大賞にもノミネートされた「筋肉は裏切らない」の決めゼリフで締めましょう<(`^´)>

 

 

今回の院外健康教室は、そんな筋肉に関係あるテーマをたてばば福祉館にて下記の3名で実施してまいりました!

 

講師:瀬戸上 敬志(理学療法士)、永留 篤男(理学療法士)

補助:末吉 久美子(事務)

 

今回の内容は、サルコぺニアの原因や治療・予防法などについて実施しました!

 

サルコぺニアとは?

加齢や疾患により筋肉量が減少する事で、握力や下肢筋・体幹筋など全身の「筋力低下が起こる事」を指したり、または、歩くスピードが遅くなる、杖や手すりが必要になるなど「身体機能の低下が起こる事」を指します。

 

InBodyや握力計で自身の身体状況を把握していただきながら、食事や運動に関しての指導を実施させていただきました!

 

 

 

 

井戸端会議のような雰囲気で終始和やかに進行させていただきました!

 

ご質問も多数いただき、ご自身の健康状態に更に興味を持っていただけたのではないかと思われます!

 

次回はみなさんの地域にお邪魔させていただくかもしれませんね!


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。