節分

投稿日時: 2019年02月06日

2月3日は節分でしたね!

 

当院でも季節のイベントとして豆まきを行いましたー!

 

節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に年4回あったそうです。ところが、日本では立春は1年の始まりとして特に尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようです。

 

豆まきは中国の習俗が伝わったものとされています。豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があるそうです。京都の鞍馬に鬼が出た時、毘沙門天のお告げにより大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目)=まめ」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

 

前置きが長くなりましたが、鬼の登場です・・・!!

これから入院患者さんの元へ悪さをしに行くのでしょうか!?

 

病棟では入院患者さんが節分イベントを心待ちにしています!

 

鬼の仮装をされている方もいらっしゃいますね!

 

あっ!鬼が来ました!

 

次々と見境なく襲いかかります!なんて奴だ!!

 

 

 

極悪非道な鬼に「魔滅(まめ)」で応戦します!

 

 

これには鬼も怯み、退散・・・

 

かと思われた矢先、今度は病室で悪行の限りを尽くします!なんて奴だ!

 

 

ですが案の定返り討ちに遭い、今度こそ退散!

 

退散後の鬼のロッカールームを覗くと・・・

 

鬼A「魔滅(まめ)半端ないって!あいつ半端ないって!投げたあとも食べれるってそんなんできへんやん普通!」

 

鬼B「あれは凄かった。俺も拾って食べたぞ。」

 

どこかで聞いたようなやり取りが行われていました。

 

最後は恵方巻が振る舞われ、楽しかった節分イベントも終了となりました!


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。