回復期リハビリテーション病棟協会 第33回 研究大会in舞浜・千葉

投稿日時: 2019年02月28日

回復期リハビリテーション病棟協会主催の「第33回 研究大会in舞浜・千葉」に当院スタッフが参加してまいりました!

 

舞浜と言えば・・・SŌ!

 

誰しもが子供に戻れる夢と魔法の国、あの東京ディズニーリゾートの隣接施設が会場でした!

 

 

 

それはさておき、当院からはベテランの看護師2名、理学療法士1名が発表をさせていただきました!

 

▶「在宅復帰後の内服自己管理に向けた入院中の取り組み」下赤 久美(看護師)

 

▶「入院患者の退院に向けた不安項目の抽出」池畑 飛鳥(看護師)

 

▶「入院中の高齢者骨折患者におけるラバーバンド運動介入の効果について」中村 裕樹(理学療法士)

 

 

  

各自、当院での取り組みをまとめ上げて発表し、多数の質問もいただき新たな気付きを得る事が出来ました!

 

今回の学会には、当院の若手看護師も数名同伴しました。

 

先輩方の発表や他施設の発表を学び、自身が練っている学会発表予定の研究内容を深める事が目的です。

 

今回の学会参加で、自身の見識が広がり、モチベーションアップが図れたのではないでしょうか??

 

参加されたみなさんお疲れ様でした!!

 

 

<オフショット>

初日終了時の懇親会では、ミッキーたちが遊びに来てくれました〜!

 

 

  

 


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。