5年目FU研修〜学べリーン手法!〜

投稿日時: 2019年05月17日

今年も5年目職員を対象としたFU研修を開催しました!

 

午前中のカリキュラムは「リーン(Lean)」についてワークショップです。

 

説明しよう!リーンとは・・・

日本が誇る自動車メーカーの大企業「トヨタ」の生産方式をもとに提唱された「Lean Production System」(リーン手法)を指す用語です。

 

レゴブロックを患者さんに見立て、各グループ別に運営する病院が如何に生産性を高め、患者満足度を向上させる運営ができるかをシュミレーションします!

 

こちらが患者さん役のLEGO!

 

早速、2病院に分かれ病院経営をスタートさせます!初回のシュミレーションは、同じ配置・同じ職員数で経営を行います!

  

 

  

 

次々と来院するLEGO患者さんに対し、受付から検査、処置、会計までを役割分担して捌いていきます!

 

診療終了後、気になる結果は!?

 

ドキドキ・・・!

 

2病院とも無駄なコストや医療ミスが相次ぎ、LEGO患者満足度も低く赤字経営でした・・・(-_-;)ズーン↓

 

「くそぅ・・・一生懸命診療したのに何でや・・・」

 

そんな焦燥感漂う中、どこからともなく声が・・・

 

天の声「そんな時にリーン手法を使うのです。」

 

一同「おおっ!!(*゜∀゜*)」

 

暗闇に一筋の光が差しました。

 

と、いうのは大げさですが、2回目からはリーン手法を活用し各病院で問題点の抽出を行い、対応策を練ってから実践へと移ります!

 

それぞれ独自の変化を遂げた2病院、果たして診療結果はどう変化するのでしょうか!?

  

 

  

 

注目の結果は!?

 

ドキドキ・・・!!

 

 

どちらの病院も見事にLEGO患者満足度向上と黒字経営を達成しました!!

 

今回の研修では、さらに問題点を抽出し、対応策を練って3回目の実践まで行いました!

 

本研修で学んだ事を現場での改善活動に役立ててくださるよう期待したいですね☆

 

なお、午後からは恒例の理念研修まで実施し、今回も経営陣との熱い会話が交わされました!

 

また、今回は遠く北海道より麻布病院の方々が本研修を見学に来られ、当院の教育体制について興味深く見学されていました!

 

当院の教育体制が他施設の一助となれるよう今後も多様な研修立案を行っていきたいと思います!


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。