院内研究発表会

投稿日時: 2019年08月23日

今年も自身の研究成果を発表すべく、7人の勇士がSHIROYAMA HOTEL kagoshimaに集い、長野院長の開会宣言で院内研究発表会が開幕しました!

 

第1部座長・第2部座長はこのお二方!

 

スムーズな進行よろしくお願いします!

本年度のエントリーは下記の7演題です!

 

1.当院クリニカルパスにおける傾向と今後の活用ー4年間のデータ分析よりー

 

2.インフルエンザのアウトブレイクに関する対策と対応および今後の課題

 

3.脳卒中による神経因性膀胱患者の排尿自立に向けた援助

 

4.訪問看護ステーション出向制度を利用して〜出向後の取り組みと見えてきた課題〜

 

5.下肢周径に対する物理療法を用いた即時的変化の検証

 

6.入院患者に対する身体機能に応じた段階的機能訓練への取り組みーオーダーメイドリハの実践ー

 

7.診療明細書に対する問い合わせゼロを目指して

 

今年度も多職種から出題があり、活発な質疑応答が行われました!

  

 

  

 

そして、院内研究発表後の特別講演では、当院へ定期的に訪問歯科診療に来院していただいている新上橋さくら歯科の理事長先生にご来場いただき、ご講演いただきました!

特別講演座長は看護部長が努めます!

進行よろしくお願いします!

 

特別講演「口から健康な生活を実現するために知っておきたいこと」

医療法人さくら 理事長(歯科医師)松永 純先生

 

 

 

 

松永先生の講演は、医科と歯科の領域をクロスオーバーする内容で、我々リハビリテーション医療に従事する者にとっても非常に有益かつ目から鱗のような内容でした。

講演の中で紹介されたKTチャートは、当院の栄養サポートチームで運用検討していたツールです。当院でもこの講演を契機に、患者さんにとってより良い栄養摂取の提案につなげていこうと思います!

松永先生、貴重なご講演誠にありがとうございました!!

 

院内研究発表後は、開院記念式典が開催されます!その様子は次記事をcheck!!


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。