鹿児島市米寿敬老祝贈呈式

投稿日時: 2019年09月14日

9月16日の「敬老の日」を前に、当院ご入院中の米寿を迎えられた患者さんに記念品とお祝金を贈呈するために鹿児島市役所の方が来院されました!

 

鹿児島市では、満88歳(米寿)と満100歳(百寿)を迎えられた方に記念品(賞状)とお祝金が贈呈される制度があります。

 

今年米寿を迎えられたのはこのお二方。まずは市役所職員の方より祝辞が伝えられました。

 

 

記念品の賞状とお祝金が贈呈されます!お一人ずつ賞状を読み上げ、ご家族と一緒に受け取られました!

 

 

 

感極まって涙を流される場面も。88歳という人生の節目を迎えられるにあたり、様々な想いがあった事でしょう。

 

最後はお互い支え支えられたご家族と記念撮影☆

 

写真は記念として贈呈させていただきました!!

 

毎年、米寿と百寿を迎えられた方へはご入院・ご入所先やご自宅に訪問し、このようにお一人ずつ手渡しで贈呈されているとの事。

 

鹿児島市では今年約2000人の方が米寿を迎えられるそうです!

 

人生100年と言われる時代、次の百寿も元気な姿で受賞していただきたいですね!


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。